迷走かあちゃんの日記

2012年に33歳で男女の双子を出産。育てる毎日に追われ迷走中。育児の事、夫の事、仕事の事、世の中の事、お金の事、自分の事etc…尽きる事のない独り言を綴っている日記です。

初めて何の日でもないのに祝われた?

f:id:t19n29s21a21:20190816204022j:plain

今日は3時間だけパートに出ました。
父ちゃんが夏休みをもらえたので子供たちは朝から父ちゃんの試作品(ケーキ)に付き合わされたのか…喜んで手伝ったのか…その辺はよくわかりませんけど(笑)
昼頃に私が家を出る時には何やらキッチンでわちゃわちゃしていました。

パート先で少し残って店長と色々打ち合わせをしていたら父ちゃんからLINEが。
「子供たちが母ちゃんと食べたいって夕飯食べずにずっと待ってる」と。

私なんて99.9%は一緒にご飯食べてるから、父ちゃんがいて夕方までパートの日は、慌てて帰るいつもと違い、仕事での打ち合わせや相談に時間を使う事がある。

しかし飽きずに母ちゃんを求める辺りはまだ小学一年生なんだなと実感。
店長も笑いながら「早く帰ってあげて母ちゃん。」となり急いで帰ってきました。

「ただいま〜」とリビングに入ると

パーン!パーン!とクラッカーを鳴らされ、窓には飾りつけ!(上の写真)

「なんだ?なに?なんのお祝い??」と聞くと

「この家族で嬉しいねのお祝い」と子供たち。
窓の飾りには「おもいでパーティイー」などと書いてあった。(笑)

どうした…?
なんだ…?
何かやましいことでもあって隠しているの?
なに?
なに?

と…内心疑う私…。

悲しい性(笑)

そして夕飯のデザートには試作品のケーキ。
(息子からの手紙には「けうきたべようね」と書いてあった(笑))

なんだろう。いったい。

意味がわからない。と戸惑う母ちゃんと、
お祝いごっこ?を満喫した双子でした。

そう。ただのごっこ遊びだ、きっと。

♪お読み下さりありがとうございました♪